モデルハウスのご紹介

logo


 

福島県いわき市 下神白モデル

昭和47年に新築された純和風をサーファーズスタイルハウスへ再生させました。
玄関からヴィンテージウッドの床。アイランドキッチンの向かいは空間を仕切らず広々リビングをみんなでシェア。
内壁のデザインコンクリートやタイル張りの洗面台、細部にまでこだわり抜きました。
仲間と海をより楽しめる家の完成です!

WORKS

ENTRANCE

BEFORE

屋根はセメント瓦葺き・外壁は鉄板サイディングの建物。

AFTER

既存の外壁はそのままに、外断熱工法にて建物全体を包み込みました。
昭和47年当時のセメント瓦も塗装で生まれ変わり。

BEFORE

ガラス戸の寒々しい欄間付き引違い戸。どこにでもある玄関でした。

AFTER

引違いの玄関引き戸もドアへ変更し、ホワイトペイント仕上げ。
2重の庇も取り払い、すっきりとシャープに仕上げました。

BEFORE

板張りの内壁に固定式の下駄箱。

AFTER

靴を見せて収納することで、ディスプレイ替わりになります。
天井も壁もそのままペイント仕上げ。

LIVING

BEFORE

和室6畳が2間つづきでした。畳と土壁仕上げの純和風住宅。

AFTER

ヴィンテージウッド張りの床とホワイトの壁が広いリビングを引き立たせます。奥の内壁には存在感溢れるレンガ調のデザインコンクリート。

BEFORE

床の間・襖の押入れ。天井は決して高さのない板張り仕上げでした。

AFTER

床の間だった空間を壁で塞ぎ、隣の主寝室からクローゼットへと勝手に変更しました。壁にはアクセントでヘリンボーン張り。
デスクワークスペースも忘れません。

BEFORE

4枚の襖で仕切られただけの和室。和室ならではの欄間もありました。

AFTER

2間つづきの和室を広々リビングへ大変身。元の天井も剥して、梁あらわしの勾配天井へ。縦の空間も広がります。

BEFORE

造り付の茶箪笥と洋服ダンス。となりは仏間スペースでした。

AFTER

造り付の茶箪笥と仏間を大型収納とTVスペースへとリノベーション。
爽やかのブルーが海をイメージさせます。

CHILD’S ROOM

BEFORE

襖が目立つ天袋付きの押入れ収納。

AFTER

子供部屋だけにポップなカラーを採用。床はカーペット敷き。
押入れだった壁に黒板ペイントを塗り、活用の幅を広げます。

BED ROOM

BEFORE

造り付の棚収納がありました。ドアの位置も変更しました。

AFTER

造り付の収納を取壊し、クローゼットへ変更。
木製建具も現場でヴィンテージペイントにて仕上げました。

UTILITY

BEFORE

洗面脱衣室とトイレに入るための引戸がありました。

AFTER

トイレのドアを変更させ、洗面所を最大限広げました。
タイル張りの洗面台が優しい感じを漂わせます。